2007年03月01日

鶏肉料理 簡単レシピ「鶏すき」

 今日の夕食は、鶏肉を使った極めて簡単な料理、「鶏すき」でした。

 この料理、本当に簡単。すき焼きの牛肉の代わりが鶏肉というだけです。本格的なレシピもあるでしょうが、料理もブログも手抜きな私ですので、ここではごく簡単な作り方をご紹介します。

 まず、鍋料理用の鍋で鳥を軽く炒めるか、もしくは別のフライパンで軽く炒めておきます。薄い鶏肉ならこの作業は省いて構いませんが、鶏肉に厚みがある場合は火の通りが遅かったりするので、少し火を入れておくのが良いでしょう。煮込んでいるうちに火は通りますが、時間が経つと硬くなってしまうのです。

 鶏肉以外の具材はお好み。今日は、白菜、水菜、ネギ、シラタキなどでしたが、椎茸やゴボウ、春菊なども良いでしょう。これらを鍋に入れ、「スキヤキのたれ」を加えて火をかければ終了…。なお、タレの味は濃いので、適宜お湯を加えます。

 勿論、タレではなく醤油、砂糖、酒で作ってもOK。アルコールがダメな方も、酒を忘れないで下さいね。煮えてアルコール分が飛ぶと、良い甘みと旨みを出してくれます。

 鍋の後半から「うどん」を追加し、甘めのタレがしみこんだうどんを食べます。つゆで食べるうどんというより煮込みうどんですので、ある程度味がしみてから食べて下さい。勿論、袋のうどんで十分です(袋から出して、そのまま入れてOK)。

 ちなみに、うどんと同じようなものですが、鶏肉のすきやきでも牛肉のすきやきでも、おでんの具としてお馴染みの「ちくわぶ」は、意外と合う食材です。

 厚さ1センチくらいのナナメ切りにして入れますが、スキヤキの甘いタレがしみてなかなかの美味。自家製すき焼きならではの具材でしょう。お餅でもおいしいと思いますが、こちらも薄く切るか、ある程度焼いてから入れた方が良いかもしれません。

 簡単ですし、食材の融通も利きますので是非お試し下さい。

タグ:鶏肉料理
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。